東管共助会


当組合独自の共助制度で会員の皆さんに喜ばれています。
当制度は、東管共助会会則により組合員(組合届出の代表者・店主)の加入が義務づけられています。

遺族共助会

  正会員が死亡した場合弔慰金100万円。
  準会員が死亡した場合弔慰金50万円。
  なお、負担金は毎月死亡者数に応じて徴収されます。

火災共済会

  会員の社屋、住居、機械設備、備品等が火災により罹災した場合、その被害状況により共済金が支払われます
  (共済限度額100万円)
  負担金は共済準備金が不足した場合にのみ徴収されます。