(総 則)

第1条 賛助会員は、東京都管工事工業協同組合(以下本組合と称する)及びその組合員に対し、管工事業で使用する資・機材等の広範囲な情報提供に

  努めると共に相互の親睦を図るものとする。

 

(事 業)

第2条 賛助会員は、別に定める本組合の事業を利用することが出来る。

 

(入 会)

第3条 管工事業界と密接な関係を有するメーカーや商社等が、本組合の賛助会員となるには、本組合所定の賛助会員入会申込書を提出し、

   担当部会の議を経て理事会の承認を受けるものとする。

 

(更 新)

第4条 賛助会員の年度は、毎年4月より翌年3月までの1年間とし、原則として自動更新とする。

 

(脱 会)

第5条 賛助会員は、次の理由により脱会する。

 @ 前条の更新年度終了の2カ月前までに、本組合に書面で届け出たとき。

 A 本組合の理事会において必要と認めたとき。

 

(年会費)

第6条 賛助会員の年会費は一律6万円とし、本組合が加入承認後に一括納金するものとする。但し、途中で加入する場合の年会費は、入会承認月から

   年度更新月までの残存月数按分額とする。脱会する場合は、既納会費は返還しない。

  2.前条@の規定により、自動更新後3ヵ月以内に脱会の届出があった際は、当該年度の会費納入を免除する。

 

(届出事項)

第7条 賛助会員は、届出事項に変更が生じた場合は、本組合に速やかに届け出なければならない。


 

賛助会員に対する事業等  

 

[1]組合事業の利用

1.組合主催の「管工機材・設備総合展」に優先して出展できます。又、会員が出展する場合は、出品料を5%割引します。

 

2.機関誌・月刊「東管ニュース」の《賛助会員欄》が活用できます。又、会員には無料で配布します。但し、紙面の活用は、新製品の発表・キャンペーンの

 実施・ショールームの開設・事項変更等に限らせて頂きます。

 

3.組合員に対する情報提供活動に協力して頂きます。

 @ ホームページの活用‥組合のホームページで、会員のホームページが見られるようリンクします。

 A 「賛助会員取扱製品一覧表」の作成ホームページが見られない組合員のために、年1回「賛助会員取扱製品一覧表」を作成し全組合員に

   配布します。但し、作成は最小限の実費負担とします。

 B 情報交換会への参加‥本組合は、会員とコミュニケーションを図るために情報交換会を開催します。

 

[2]親睦活動

1.慶弔について

 慶事のお祝い‥社屋完成、○○周年記念式典等の公式行事に限り祝金を贈ります。

 弔事のお香典‥ 現代表者の方が逝去された場合のみ香典をお供えいたします。

 以上において、組合に公式の書面で届いたものに限ります。

 

2.協定旅館の利用について 

 本組合の「協定旅館利用証」を発行します。基本料金の8%が還元されます。

  以 上