平成24年通常総会を開催

今年度も青年部らしい活動を   

 

 東京都管工事工業協同組合青年部長協議会は、6月3日㈰熱海市の「大月ホテル和風館」にて、第24回通常総会を開催した。総会は午後4時30分、河野役員(江東支部)の司会で開会。会員数50名のうち、本人出席18名、委任状出席22名で本総会が定数を満たしている成立する旨を議場に報告した。

 最初に登壇した椿会長は「昨年度は天候に恵まれ3年振りにソフトボール大会を開催することができ、また多くの参加者にお集まりいただきゴミ清掃ボランティア活動も盛況裡に実施できた。今年度も同様の活動を実施する予定であり、また親会の総合展、同好会活動等にも積極的に協力していきたい。次世代の皆様へ東青協の活動をスムースにバトンタッチしていくことが責務と考えており、今後も引き続き会運営にご協力頂きたい」と挨拶を述べた。

 続いて、来賓として木村理事長が、総代会で掲げた3本のスローガン実現に向けた協力をお願いすると共に「若い感性、知性、行動力で協議会運営の一層充実に務められたい」と挨拶。その後、練馬東支部・西浦明宏氏を議長に選任し議事に入った。

 本総会に提出された平成24年度事業計画案をはじめとした全4議案が整然と可決決定し、瀧島副会長(練馬西支部)の閉会挨拶で午後5時5分に終了した。総会終了後は同ホテルにて懇親会が行われ、和やかな雰囲気の中、出席会員の絆を更に深めた。

総会終了後に記念撮影